貯金できない人の特徴とは

貯金は将来のために欠かせない重要なもので、誰もがやらなきゃいけないなあと思っているとは思います。
ただ、実際のところ貯金できる人、貯金ができない人と明確に分かれてしまっており、貯金ができる人は堅実に貯めていっていますができない人はいつまでたっても口座の残高が増えていかないという悲しい結果となっています。
貯金ができない人はなぜ貯金ができないのでしょうか?

貯金ができない人の特徴①計画性がない

貯金ができる人はお金の遣い方がとても計画的です。食費はいくらまで、交際費はいくらまでと使える範囲を決めているので、貯金できる余剰金が手元に残りそれを貯金に回すことができます。
対して貯金ができない人は計画性がなく、いいかげんです。知人友人に見栄をはるために浪費したり、なにかとぜいたくな外食を繰り返したりパチンコや競馬で熱くなって散財してとにかく浪費しがちです。
ろくでもない人といってしまえばそれまでですが、とにかくお金の使い方をもっと考えた方がいいような人が貯金できない人には多いです。

貯金ができない人の特徴②自分に甘い

貯金ができない人は意志が弱く、すぐに自分に甘えてしまいます。貯金をするためには計画性が必要なのは前述しましたが、計画を実行するためには強い意志が必要です。
貯金ができる人は意志をもって使ってはいけないお金は我慢して使わないようにしますが、貯金ができない人というのは自分に甘いのですぐに欲望に負けてしまいます。
ちょっとぐらいならいいよね、とすぐに自分を肯定して、使ってはいけないお金でぜいたくなものを食べたりして散財します。

貯金ができない人の特徴③見栄を張りがち

貯金ができない人には謙虚さが足りません。ですのですぐに見栄を張ろうとします。
例えば同僚と飲みに行ったらすぐにおごろうとしたり、女の子にプレゼントをねだられたら鼻の下をのばして言われたものを買ってあげたり…。
こうしたお金の使い方をしているといくらお金があっても足りず、当然貯金などできるはずがありません。
なぜそうなるのかというと、見栄を張ろうとする気持ちがあるからです。これくらいのお金は持っているんだぞ!と見せたがる虚栄心を消して、お金がないから必要な分だけしか支払えないしプレゼントもあげられないと断る様にすれば、自然と自由なお金が増え、貯金できる様になります。
貯金をするには貯金できない人の特徴を打ち消していかなければなりません。