30代の平均値は382万円、中央値は196万円

やまだが気になる平均にお答えします!
年代別に、貯蓄のない世帯の割合、貯蓄の平均値、中央値を紹介します。

  • 20代 貯蓄がない29.9% 平均値468万円 中央値56万円
  • 30代 貯蓄がない24.9% 平均値382万円 中央値196万円
  • 40代 貯蓄がない23.1% 平均値791万円 中央値360万円
  • 50代 貯蓄がない22.2% 平均値1166万円 中央値500万円
  • 60代 貯蓄がない20.9% 平均値1730万円 中央値850万円

平均値も中央値も年齢が上がると高くなっています。
年代ではなく、年収別に分けてみるとどうなるでしょうか?

年収500万円~750万円未満の世帯は平均値1214万円、中央値595万円

年収別のデータは次の通りです。

  • 年収300万円未満 貯蓄がない34.8% 平均値641万円 中央値130万円
  • 年収300万円~500万円未満 貯蓄がない20.9% 平均値991万円 中央値395万円
  • 年収500万円~750万円未満 貯蓄がない15% 平均値1214万円 中央値595万円
  • 年収750万円~1000万円未満 貯蓄がない9.8% 平均値1613万円 中央値1000万円
  • 年収1000万円~1200万円未満 貯蓄がない11.1% 平均値2079万円 中央値1020万円
  • 年収1200万円以上 貯蓄がない8.6% 平均値3949万円 中央値2100万円

いかがですか? 平均値や中央値を気にしすぎる必要はありません。ただ、よその家庭のことを知ると、刺激になりませんか?
いざというときの備えとして、また、やりたいことを実現するには、お金が必要です。我が家の目標額を決めて、それに向かって、ぜひ貯蓄しましょう。
データはいずれも金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」(2008年)によるものです。