大手ワイン通販サイトの中の老舗 エノテカが今また新たに注目を浴び始めているのをご存知でしょうか。また、具体的にどんなところを消費者が注目しているのでしょうか。
エノテカのサイトの魅力について探っていきましょう!

エノテカのイメージはひとことで「ラグジュアリーワインショップ」!?

ワイン販売サイトの「お客様満足度NO1!」(※日経商工リサーチ調べ)というアイコンがトップページ最上段に記載があります。
老舗のエノテカのサイトだけあって、非常に美しい画面構成で特別感を演出するようなレイアウトと品揃えに目を奪われる印象のサイトです。
数か月前までは、エノテカのワインは他のワインショップに比べて高いものが多い印象が強かったのですが、2018年の猛暑を過ぎたあたり、白ワインセットの特集であったり、
1,000円台前半の高品質スパークリングワインが沢山表示されたりと、顧客のニーズにマッチしつつ、サイトイメージや雰囲気は変わらず高級路線をひた走っているという、独特の感性が出てきている印象を受けました。
これはやはり、ワイン通販サイト「AEON de WINE」のように、エノテカとは対照的な、家飲み用、普段飲み用のラインナップが庶民派層のハートをつかんでいることにも反応しているといえるのではないでしょうか。
「今晩の夕ご飯に合うワイン」が置いてあるようなイメージもすこしずつ取り入れて、ワイン初心者のニーズに合うものにも近づいている雰囲気が感じられました。

「エノテカ」セールの情報は?

会員登録をすると、期間限定のセール情報もこまめに届きます。また、インターネットをしていると、下からエノテカの小窓が現れて、お得情報が表示されることがあります。
季節にあったお得情報は、屋外の景色との写真がきれいなので読むだけでも楽しめる内容ではありますが、仕事中や何かの作業中に大き目のアイコンが急に表示されるのはなかなかやっかいなところもありました。(表示「消す」を選択できますのでそうしました。)
特筆すべきは、ワインセットの質と、希少価値の高いヴィンテージの輸入情報です。
記憶に新しいところでは、15,000くらいの赤ワインのセットが、セール価格で送料込9,900円、銘柄は選べないセットではあるものの、生産している国や産地に偏りがなく、ニューワールドワインとフランスやスペインなど旧興国の産地のもの、チリのマイポヴァレー産コンセプトワインが1本入るなど、ワイン好きなら知っているというものをセット価格にしているところが老舗のワインショップのセールだと感じました。
ワインセットの5、6本あるうち、1本くらいは好みではない味のものがあるという印象を持っていましたが、エノテカの場合は全くそういったことがない、というのも評判です。

「エノテカ」今後の期待を込めると?

エノテカのクオリティには、安心感があるため、ギフトにワインを選ぶ時や、少しいいワインを物語とともに選ぶような、非日常を味わえるサイトであるというイメージがあります。
解説が専門的なためワイン初心者の最初のとっつきが難しそう、という印象なので、情報量をもう少しコンパクトに、言葉も分かりやすい内容が増えるとこれまで以上の購買層獲得にもつながるのではと思います。