ワイン通販サイトの中でアフリカーが注目されています。具体的にどんなところを消費者が注目しているかご存知でしょうか?
アフリカーのサイトの魅力について探っていきましょう!

アフリカーとは?

通販サイト「アフリカー」は、珍しいアフリカワインに特化したワインショップです。
東京足立区の実店舗とアフリカワインを取り揃えたオンラインショップを運営しています。
「南アフリカワイン通販のアフリカー 南アフリカワインの品揃え日本最大級!!」と冗談みたいですが、アフリカンリカーショップで「アフリカー」なんともキャッチ―なネーミングです。
ワインの中心価格帯は2,000円台~6,000円位で、3,000円くらいのものがおすすめのようです。
今やフランスを凌ぐワイン産出国 アフリカのシンプルな味わいのワインがお好きな方にぴったりのサイトではないでしょうか。

なぜアフリカワインは美味しいのですか!南アフリカワインの特長

アフリカ産のワインは、農薬が使われることが非常に少ない産地といわれていますが、ワイン産地の9割以上が世界自然遺産にあり、ケープドクターと言われる乾燥した風が吹き、ブドウの病気になりにくい気候になっているのです。また、酸化防止剤もほとんど使われないなど、自然派に近づきつつあるワインも増えているそうです。
そして、人件費は日本の輸入量No1のチリよりも安い!ということで、南アフリカワイン、コスパ高!ヘルシー!!ということで、今後ますます注目が期待されるワインについて、かなり詳しく説明されているコーナーがあります

アフリカワインの魅力にハマった!元バックパッカー夫妻が運営のアフリカー!

ワインにハマったきっかけはその人それぞれのものがあり、アフリカーを運営する小泉夫妻は元バックパッカーで2011年から2013年にかけて世界中に旅をし、アフリカには半年滞在されたそうです。
自然が大変素晴らしく、食事も美味しく(特にケープ地方)、想像以上に人が良く、そしてワイナリーは最高だったそうです。
そのアフリカの自然や美味しいワイン、美味しい食事は、貧困などネガティブなイメージを凌駕するほど、ということでアフリカにご縁のある夫妻だからこそ、豊富な品ぞろえのアフリカワインショップを営まれているのだと思いました。
現在、フランスの特定地域のワインやイタリア、スペインなどのワインショップは存在しますが、アフリカワイン専門店というのは本当に珍しいカテゴリに入るのではないでしょうか。
さて、そんなアフリカーの配送料は10,800円以上が無料です。
まだ日本では見かけることの少ない、南アフリカのワインをこちらのショップのお買いもので堪能してみるのも楽しそうですね。