ワイン通販サイトの中で老若男女のコアなファンの多いワインブティックが注目されています。
具体的にどんなところを消費者が注目しているかご存知でしょうか?
ワインブティックのサイトの魅力について探っていきましょう!

ワインブティックとは?

通販サイト「ワインブティック」は、日本でも珍しいスペイン産のワインに特化したオンラインショップです。
ワインの中心価格帯は1,000円~5,000円で、東京は杉並区高円寺に事務所があります。
特に1,000円台のスペインらしい味わいの赤ワインが充実しており、選びやすい表示になっています。
ワインの中でもスパイシーでパンチのあるスペインワインがお好きな方や、スペインの食文化全般に興味がある方におすすめのサイトではないでしょうか。

産地別のワインは、詳しい解説付き!

左のリンクから、ワインの濃さから選んでフルボディの赤ワインを確認してみると、お値段は税込2,365円とワインの一般価格としてはそれほど高いワインではありませんが、スペイン料理のレストランやワインバーの方に人気の作品ということでした。
詳しい解説を読み進むと、世界各国の受賞歴が並んでおり、本国のスペインをはじめ、ベルギー、フランス、イタリア、イギリス、チェコ、スロベニアと金銀銅のオンパレードでした。
そんなワインは、
アジョッソ レセルバ <赤・辛口・コクあり・スペイン・ラ マンチャ>
Allozo Reserva<La Mancha>
こうした専門店の顧客が好んでお取引されているだけに、サイトから漂うのは、スペインワインの味わいに惚れ込んでワインを扱われているという、熱い解説です!

ワインセットが現在お休み中!?の珍しいショップ

インターネットを経由してお買いものができるワインショップは必ず「お得なワインセット」の多数ご用意がありますが、こちらのお店はお休み中の表示でした・・・。これもコアなスペインワインファンがついている証拠かもしれません!
わざわざお得セットを組まなくても、お値段がそもそもそれほど高くなく、地方の個性が豊かで味わいのバリエーション豊富!ということかもしれませんね。
産地から選べるという表示も詳しく記載があり、

■ パゴ(単一ぶどう畑限定高級ワイン)
■ リオハ地域:今もなお頂点に
■ リべラ デル ドゥエロ地域:リオハと並ぶ高品質
■ ナバラ地域:静かなる情熱
■ リアス バイシャス地域:スペイン最高級“ガリシアの女王”
■ ラ マンチャ地域:眠れる巨人目を覚ます
■ トロ地域:個性の強さはまさに“闘牛”
■ D.Oカバ(カヴァ):狙うはシャンパンの座
■ ルエダ地域:白の名産地
■ ぺネデス地域:多彩な葡萄の展示場
■ コンカ デ バルベラ地域:知られざる銘醸
■ コステルス デル セグレ地域:革新の地
■ マジョルカ島:地中海の太陽
■ カタルーニャ地域:渦巻く表現のエネルギー

といった、詳細にわたるイメージ喚起によって、どのワインも魅力的に見え、選びたくなるような地方分類表示でした。スペインのワインというと、ある程度分けられている印象はありますが、これだけ細かく解説がついていると、やはり飲み比べてみたくなり、パエリヤも食べたいというところでしょうか。
そんなワイン、配送料は11,800円以上が無料です。あまり見かけない微妙なラインですが、スペインワインのファンであれば5本か6本くらいお買いものされるのがざらなのでしょうか。